事例紹介
「夏酒」を牽引したペンギンラベル
木下酒造有限会社 様
Ice Breaker
Ice Breaker01
Ice Breaker02
Ice Breaker03

提案の背景

シュンビンがパッケージデザインの部署を立ち上げてから約1年。
木下酒造様に「コンペになるけどやってみる?」と声をかけていただいたのがこの”Ice Breaker”のラベルデザインでした。
玉川ブランドでしっかりとしたブランディングをなさっている老舗酒蔵の新しい挑戦ともいえる“夏酒”Ice Breaker。
商品名と、「ロックで飲んでおいしい日本酒ですよ。氷の中に玉川のロゴが入っているイメージですかね」というお話をお伺いして、デザインに取り掛かりました。

提案内容

どこの酒蔵さんでもまだ成功していない“夏酒”のジャンルでヒットを出すには、ブレイクスルーが必要ではないかと考えました。
そこで、「場や雰囲気を和らげるもの」という意味を持つ商品名”Ice Breaker”のイメージをインパクトのあるデザインで表現できる方法を考えました。
「見ると心が和む、ほんわりしたデザインでありながら、度数が高めのロックで味わう日本酒とイメージに合うよう、甘くなりすぎないものを」と心がけてできあがったデザインがこのペンギンラベルです。
ちなみにペンギンが見上げているのは月に浮かび上がった「玉川」のロゴ。
お客様の大切なブランドに対する敬意を込めました。

結果

2案、デザインをご提出しましたが、木下社長には「圧倒的にペンギンが良い!」と即決いただきました。
嬉しいことに今では”Ice Breaker”は木下酒造様の看板商品。
「夏酒というジャンルを牽引したのはIce Breaker」という評価もいただいているそうです。
「ペンギンのお酒」と覚えてくださっているお客様も多く、デザイナー冥利に尽きる思いです。

デザイナーぱんのデザインのポイント

とにかくお客様のことを調べて、これまでに発売された商品、これから目指しているものをリサーチします。
お客様がこれから目指していくものに一歩近づけていくようなデザインを提案したい。
お客様のブランドとビジョンを大切にしながらデザインしています。

ピックアップ事例

海の中をイメージできるパッケージ:大翔水産様【Dolphin Tea】

海の中をイメージできるパッケージ

大翔水産 様
「ご当地感」をちょっとした遊び心で演出:民芸あき様【明日葉バームクーヘン・レモンバームクーヘン】

「ご当地感」をちょっとした遊び心で演出

民芸あき 様
「どぶろく」のイメージを一新したデザイン:仙醸様【黒松仙醸 どぶろく】

「どぶろく」のイメージを一新したデザイン

仙醸 様

デザイナー別事例