統一したイメージと顧客対応の課題を建築デザインで解決
天山酒造株式会社 様
店舗改装・酒蔵再生
店舗改装・酒蔵再生01
店舗改装・酒蔵再生02
店舗改装・酒蔵再生03
店舗改装・酒蔵再生04

提案の背景

来場客や来賓が多くなってきたため事務所改装と店舗新装のご依頼をいただきました。
課題は2点ありました。
まずひとつは、煉瓦作りの煙突や日本家屋、サッシが組み込まれた昭和の建物をいかに統一したイメージにするかという点。
もうひとつは、お客様対応。
事務所でお酒を注文すると事務員さんが裏の工場まで走って取りに行くなど、お客様対応がスムーズにできない点が多々ありました。

提案内容

酒蔵再生
玄関アプローチ、直売所、レンガ蔵、事務所、応接室、内外装デザインを行いました。
・外観の統一 改装
伝統を守りながらも革新するモダンな蔵をメインコンセプト。明治期を髣髴させる、煉瓦と御影石、大正ロマンを感じさせる内装との組み合わせを基調としました。
・事務所と直売所の連動
直売所を事務所の傍に新たに設けそこでお酒の管理ができるようにしました。精算は事務所の窓口にお客様自ら運んでいただき行っていただく間取りと仕組みにしました。
・応接室と貴賓室 差別化と活用
応接室を一般的な商談室とし、今まで株主総会など重要な会議でしか使っていなかった貴賓室を来客用の応接室として活用し差別化。大正ロマン溢れる貴賓室は、床をフローリング張りにし来客が靴を脱ぐことなく利用できるようにしました。
・貯蔵蔵をフリースペース(レンガ蔵)として集客用に活用
貯蔵蔵を通路の一部として使うことで、機能的な動線の確保と酒蔵の佇まいを表現しました。
・点在する写真スポット
インパクトのあるポイントとして眠っていた古道具や家具に新たな息吹を与え写真を撮りたくなる空間演出をしました。

結果

職員の動線とお客様の動線を分けながらも一人で対応できるレイアウトになったお陰で、お客様を待たせることなくサービスできるようになりました。
また、来賓室や応接室を分けて特別間を演出できるようになりました。一歩足を踏み入れるだけでも躊躇するような佇い、そこで接客してもらえることはお客様の大きな喜びとなっています。

ポイント

  • 酒蔵に眠る古道具を惜しみなく使うことで懐かしさと品格を感じる空間演出
  • お客様とスタッフの動線を簡潔にし、効率化を図った

ピックアップ事例

海の中をイメージできるパッケージ:大翔水産様【Dolphin Tea】

海の中をイメージできるパッケージ

大翔水産 様
「ご当地感」をちょっとした遊び心で演出:民芸あき様【明日葉バームクーヘン・レモンバームクーヘン】

「ご当地感」をちょっとした遊び心で演出

民芸あき 様
「どぶろく」のイメージを一新したデザイン:仙醸様【黒松仙醸 どぶろく】

「どぶろく」のイメージを一新したデザイン

仙醸 様

デザイナー別事例

シュンマガ!

ただいまシュンビンでは、
素敵な事例を紹介する
メールマガジンを配信して
います。

メールマガジンの
お申込みはこちら
バックナンバーを見る