地元に愛され続ける酒を目指す、良か人と良か酒を育む蔵のブランドデザイン
株式会社 杵の川 様
杵の川トータルリブランディング
杵の川01
杵の川02
杵の川03
杵の川04

提案の背景

元々4社が合併した酒造メーカーのため、合併時につくった杵の川というブランドと以前から継承している各ブランドがあり、ブランドの位置づけが社内的にも混乱している状態が続いていました。そこでこの度、社名でもある「杵の川」をリブランディングし、弊社でロゴ含むラベルデザイン、販促物デザイン、また店舗デザインと、トータルでかかわらせて頂きました。

提案内容

「杵の川」の書は、地元の書家さんに新しく書いて頂き、諫早と長崎の名所「眼鏡橋」をイメージしたロゴを配置し、統一感のあるラベルで展開しています。地元に愛される蔵であり続けるために、「よか人とよか酒を育む蔵」をキャッチコピーとしています。

結果

しっかりとした目指すべきブランドを確立させることで、社員皆さんの士気も高まり、これまで以上に想いを共有することができるようになりました。例えば、製造においては、ブランディングで良いお酒を定義つけることで品質が向上し、数々の賞を受賞するようになりました。営業では、ラベルも一新し、なぜ、このラベルなのか?どういう想いでやっているか?というのがはっきり言えることで、自信をもって提案できるようになっています。また、杵の川としての振る舞いを決めたことで、考え方のベクトルがあって、社員のモチベーションが上がり、採用においても好影響をもたらしています。

デザイナーikemoのデザインのポイント

コーポレートロゴマークのモチーフである眼鏡橋には『地元の誇り』『地元を愛する』『地元のために』の想いと、もう一つのモチーフであるインフィニティマークは『永遠に良い酒造りをし続ける』『愛され続ける』という意味を込め、杵の川様のブランドアイデンティティを体現したロゴマークとなっています。パッケージデザインもすっきりとしながらも杵の川の酒であること、誠実な酒造りであるということを表現しました。

ピックアップ事例

海の中をイメージできるパッケージ:大翔水産様【Dolphin Tea】

海の中をイメージできるパッケージ

大翔水産 様
「ご当地感」をちょっとした遊び心で演出:民芸あき様【明日葉バームクーヘン・レモンバームクーヘン】

「ご当地感」をちょっとした遊び心で演出

民芸あき 様
「どぶろく」のイメージを一新したデザイン:仙醸様【黒松仙醸 どぶろく】

「どぶろく」のイメージを一新したデザイン

仙醸 様

デザイナー別事例

シュンマガ!

ただいまシュンビンでは、
素敵な事例を紹介する
メールマガジンを配信して
います。

メールマガジンの
お申込みはこちら
バックナンバーを見る