統一感のあるシリーズ展開デザイン
LJA JAPAN株式会社 様
コピルアックシリーズ
コピルアックシリーズ01
コピルアックシリーズ02
コピルアックシリーズ03
コピルアックシリーズ04

提案の背景

コピルアックコーヒー
世界で最も高価なコーヒーとして知られる「コピルアック」。
ジャコウネコがコーヒーの果実を食べることで、コーヒー豆に独特の風味が加わるという希少性の高いコーヒーです。
お問い合わせをくださった徳永様は会社経営を行っていたインドネシアで「コピルアック」に出会い、この味を日本でも広めたいと日本に戻って新しいビジネスを立ち上げることに。
コピルアック商品のロゴ、パッケージデザインのご依頼をいただきました。

提案内容

具体的なイメージをお話しいただいた後は「お任せします」と信頼いただいていたこともあり、デザイナーが主体的にブランド構築までを視野にいれたデザインをご提案。
「コピルアック」の独自性が一目で伝わるよう、ロゴにはコーヒー豆を食べようとしているジャコウネコを採用。
徳永様ご自身がたびたびインドネシアに赴いて精製工程の管理、品質管理を行い、丁寧に人の手をかけて日本まで届けられるコーヒーであることを念頭に、クラフト感のあるスタンプを押したようなロゴに仕上げました。
スムーズにロゴが決定した後はロゴをベースにしてパッケージ、びん、サンクスカードなどをデザイン。統一感のある「コピルアックシリーズ」が展開しています。

結果

結果
コピルアックシリーズ、「コーヒーリキュール」のデザインは「FOODEX 美食女子グランプリ」で銀賞を受賞するなど、デザインで高評価をいただいおります。
「コピルアックシリーズ」はその希少性から多くのメディアに取り上げられるようになり、現在でも新しい商品開発の際にはお声がけをいただき、良い関係を築かせていただいています。

デザイナーikemoのデザインのポイント

具体的なイメージをお持ちの上で、デザイン面では信頼してお任せいただけたので、大変スムーズにデザインが進みました。
シリーズ展開を視野にいれたデザインの場合は、ロゴのデザインが非常に重要だと考えています。
どのような場面で、どのような形状の商品、どのようなツールに使われるロゴなのか、消費者に伝えたいイメージは…と様々な角度から考えてご提案しています。

ピックアップ事例

海の中をイメージできるパッケージ:大翔水産様【Dolphin Tea】

海の中をイメージできるパッケージ

大翔水産 様
「ご当地感」をちょっとした遊び心で演出:民芸あき様【明日葉バームクーヘン・レモンバームクーヘン】

「ご当地感」をちょっとした遊び心で演出

民芸あき 様
「どぶろく」のイメージを一新したデザイン:仙醸様【黒松仙醸 どぶろく】

「どぶろく」のイメージを一新したデザイン

仙醸 様

デザイナー別事例

シュンマガ!

ただいまシュンビンでは、
素敵な事例を紹介する
メールマガジンを配信して
います。

メールマガジンの
お申込みはこちら
バックナンバーを見る