高級感と気軽さを同居させた、次の150年へ向けた店舗デザイン

株式会社とり粂 様

とり粂 店舗・内装デザイン

とり粂 店舗・内装デザイン
飲食店RESTAURANT
CLIENT株式会社とり粂 http://www.torikume.jp/ 
PROJECTとり粂 店舗・内装デザイン
SERVICE ブランド戦略検討会ブランドデザイン空間建築デザイン

高級感と気軽さを同居させた、次の150年へ向けた店舗デザイン

提案の背景

とり粂様は1868年創業、大阪府茨木市の精肉店として約150年以上に地元に親しまれてきました。
創業以来結婚式場、宴会場、料理、不動産などさまざまな事業を経て、現在は精肉店事業に一本化。今のお客様ニーズに合わせ、本社ビルのリニューアルを行うことになりました。
その際にブランディングから店舗デザイン、資材全体のご相談をいただいたのがきっかけです。

新しくなった「とり粂」が誕生し、またこれからの150年を地元の方に愛される会社(店)であり続けたい。そして、地元茨木(商店街)を盛り上げていくことができる会社(店)に成長させたい。新しいビルを通じてスタッフの方にもやる気を持って働いてもらいたい。という今後に向けた想いを聞かせていただきました。

提案内容

「次の150年へ向けて、とり粂をどのように体験していただくか」
具体的な店舗デザインに入る前に、まず約15時間、とり粂ブランドとしての方向性を決めるワークショップを行いました。
このワークショップで生まれたブランドコンセプトをもとに、店舗デザインや新ブランドロゴを再検討。

「デパ地下の肉屋のような高級感」と「近所の肉屋のような日常使いにできる気軽さ」を融合させた店舗デザインをご提案しました。

【外観】は高級感を演出するため、マンション壁は黒で統一。サインをポイントにしロゴの視認性を上げました。
【店舗】は安心して購入できるイメージを訴求するため、木の明るい雰囲気で清潔感を与えながらも上部の格子や背面の間仕切りに老舗感を演出しました。また、冷蔵ショーケースを商店街の通路ギリギリに設置することで視認性を上げると共に、スタッフの動線を確保し販売がしやすいように工夫しています。

結果

ブランドコンセプトで決めたターゲットは、現代的な生活を送りながらも、家族との食事の時間を大切にする女性像。食卓のほんのささいなこだわりを大事にしていきたい方に、とり粂のブランドをいかに感じていただくかを意識しています。
リニューアルにより、ターゲットに近いお客様のご来店も増加し、全体として客層の広がりができました。
また、スタッフの方も新店舗デザインになることで、お客様に近い位置で働くことようになり、お客様の声をより身近に得られるようになりました。結果として働きやすさも向上しています。

ポイント

「高級感がありながら、次の150年も愛される親しみをもったお店にしたい」
とり粂様の地域への愛情を深く聞かせていただき店舗・ロゴ・資材デザインに浸透させたことが、今回のポイントです。

新店舗は、商店街の中にある新築のマンション1階。そのため、住居であるマンションと商店街のデザインバランスはもちろん動線にもこだわりました。移転前の店は新規のお客様が入りにくい状況でしたが、新店舗では冷蔵ショーケースを店舗ギリギリに設置し、店舗に入らずに通りがかりで商品を見て購入できるようにしました。

地元の方にとっては肉や惣菜を購入している方がアイキャッチになり、通りがかりに気軽に利用しやすくなりました。
また、ブランドロゴをはじめとして、包装資材なども一新することで、購入時には満足感・高級感を得られ、期待値以上のサービスを体感していただく一貫性を実現することができました。

クレジット

CLIENT
株式会社とり粂
PRODUCER
室 信行
DESIGNER
池原百合
ARCHITECTURAL DESIGNER
槌野 磨
 
 

シュンビンが2週間に1度配信するメールマガジン「シュンマガ」では、ブランディングや新規事業の事例を多数ご紹介しています。こちらから是非ご登録ください。

 

シュンマガ!購読のお申し込みはこちらから


貴社名
お名前