下呂温泉 懐石宿 水鳳園 様

水鳳園 新事業ブランディング

水鳳園 新事業ブランディング
その他OTHER
CLIENT下呂温泉 懐石宿 水鳳園 https://www.e-onsen.co.jp/ https://suihouen.com/
PROJECT水鳳園 新事業ブランディング
SERVICE ブランド戦略検討会ブランドコンサルティングブランドデザインパッケージデザインweb制作

提案の背景

水鳳園様は長年にわたり、岐阜県の下呂温泉街にて、料理が人気で個室露天風呂付きの懐石宿「水鳳園」を運営し、楽天トラベル・じゃらん・一休で高いクチコミ評価を受けています。

昭和50年開業後に、お客様の声を反映するために、徐々に規模拡大を進めましたが、新型コロナウイルス感染症に伴う緊急事態宣言により、2020年4-5月は休館。
GoToトラベルによる回復の兆しが見られた矢先にGoToトラベルの停止、並びにさらに厳しい禁酒令が発令され、旅館業以外の第二の柱である新規事業の構築は待ったなしの状況となりました。

上村社長の「従業員41名の雇用を守らなければならない」という覚悟と決意のもとに、本案件は動き出しました。

提案内容

水鳳園様の強みである料理、おもてなしを活用できる事業として、オンラインショッピングサイトを活用した自社商品の開発をご提案。水鳳園様の魅力をあぶり出すため、「ブランド戦略検討会」を実施しました。

コンセプトは「下呂温泉 料理自慢の懐石宿体験をご自宅で」、ブランド・アイデンティティは「小さな旅館が彩る日常のやすらぎ」として設定。
シンボルマークであるブランドロゴは「水鳳」をイメージし、「水鳳園」の書体は「小さな旅館が彩る日常のやすらぎ」が伝わる、やさしいタッチで表現させていただきました。

最初にオンラインショッピングサイトにて取り扱う商品ラインアップとしては、旅館で人気の
① 朝食を再現したセット
② 最初に茶菓子で出される銀の朏の米粉を使用したシフォンケーキ
③ 夕食に出される銀の朏、プリン
に決定。

オンラインショッピングサイトでご購入のお客様に、ゆくゆくはご宿泊いただきたいという想いを込め、ブランド体験にもそのストーリーを織り込みました。

結果

2021年7月のオンラインショッピングサイトオープンに伴い、シフォンケーキ、プリン等の販売を実施。
併せて、3,000名の会員の皆様へのDMにてご案内と、ご宿泊のお客様へのご案内を行いました。

かねてより、ご宿泊のお客様から「商品化してほしい」というお声をいただいていたこともあり、シフォンケーキ、プリンの順番で売上が伸びています。
既にリピートされるお客様も出てきており、初動としては順調なスタートを切りました。

次の打ち手としては、まだ水鳳園様をご存知無い方に向けてのGooglePLA広告配信、岐阜新聞等への広告出稿など、デジタルとアナログを組み合わせた露出展開を進めています。
新しいお客様に水鳳園様を知っていただけるよう、引き続き、露出を増やしていく予定です。

ポイント

上村社長、ご子息の真沙義様のご決断と信念が新規事業の立ち上げに大きく影響しました。

水鳳園様は喫茶店業から創業された後に、旅館業に転換されています。
その過程で徐々に規模の拡大をしつつ、懐石料理、個室露天風呂の整備と、常に時代の変化に向き合い変革し続けた結果、現在の水鳳園様があります。

今回のブランド戦略検討会にて、変革を続ける水鳳園様が、これからの未来に向けて掲げる旗(ブランド・アイデンティティ)として、「小さな旅館が彩る日常のやすらぎ」、ロゴデザインとして「水鳳」を採用されました。

今後のブランド展開もこのデザインに統一していくとお伺いしていますので、時代を経ても色褪せることのないブランドになることを願っています。

クレジット

CLIENT
下呂温泉 懐石宿 水鳳園
PRODUCER
豊西孝栄
DESIGNER
鈴木彩花
PLANNER
藤本大志
WEB DIRECTOR
小林永