MESSAGE社長メッセージ

中小企業が起こすイノベーションを支援し、社会に貢献する
一度しかない人生を賭ける場として

シュンビンは、歴史のある会社ですが、ベンチャー企業のように若く活力のある会社です。
17年前に私が社長になって父から引き継いだ事業は筋金入りの衰退事業でした。その事業を畳みながら一から事業をはじめ、今のシュンビンというダイヤモンドの原石のような会社を創ることができました。

シュンビンの旗(ミッション)は、【中小企業の企画部を代行し、お客様の売上を上げる】です。
これは、私が若くして社長になったときに、孤独のあまり、今のシュンビンのようなパートナーになってくれる会社を探していたという原体験からできたものです。

日本を支えている中小企業がイノベーションを起こすことをマーケティングの側面から支援し社会に貢献したいという、この旗に共感した仲間が増えてきています。

また、シュンビンの経営理念は【全社員の物心両面の幸福】です。

経営という修羅場の中で、経営の目的について悩んでいた私は経営の目的は、中にいる社員を活かすことだと気づきました。それは、経営者である自分の好きとか嫌いとか、ましてやお金や名声のためでもありません。 中にいる社員が本当にこの会社で働いて良かったと思う、一度しかない人生を賭ける場として一人一人が自分を活かすことができる、それが会社の終局の目的であると思います。
また、それを私だけでなく、パートナーとしての社員が考え方哲学(フィロソフィ)を共有できるようにようにしています。

これからもシュンビンは成長を続けていきます。そしてシュンビンは全員クリエイティブを目指し、そういう事業を展開をしていきます。
このようなミッションや理念に共感し、シュンビンの仲間としてお迎えできる人が増えることを期待しています。

代表取締役  津村 元英