福井の地域性を最大限に生かした新感覚3D体験スイーツ

永平寺門前 いのうえ 様

恐竜発掘プリン 商品ブランディング

恐竜発掘プリン 商品ブランディング
食品 / 飲料FOOD / DRINK
CLIENT永平寺門前 いのうえ https://kyoryu-pudding.com/ 
PROJECT恐竜発掘プリン 商品ブランディング
SERVICE ブランドデザインパッケージデザインweb制作

福井の地域性を最大限に生かした新感覚3D体験スイーツ

提案の背景

いのうえ様は福井県の永平寺門前にてお土産屋とお食事処を運営しています。
曹洞宗の総本山である永平寺町への年間観光客は、50万人のうち95%が県外のため、新型コロナウイルス感染症の影響を大きく受けました。

いのうえ様と当社は新規事業としての永平寺そばのWEBサイトの依頼から取引が始まりました。
当時、いのうえ様が姉妹ブランドの「永平寺だるまぷりん」の立ち上げの最中であったため、福井ならではの強みを活かした商品を作れないかと恐竜発掘プリンを着想し、いのうえ様に提案の機会をいただけないかと打診したのがきっかけです。

提案内容

恐竜大好きな孫に向けて、おじいちゃんがプレゼントすることを目的に、文字通りの恐竜発掘プリンをそのまま販売できるレベルのクオリティのプロトタイプを提案をさせていただきました。

ギミックとして発掘が楽しめるように2層式にできるびんをご提案して、恐竜と骨を散りばめたプリントびん仕様にしました。
2層の上部には土のようなザクザクを散りばめ、ザクザクを掘り返すとチョコ型の恐竜が出てくるようになっています。

恐竜チョコはティラノサウルス、プテラノドンなど有名なものだけではなく、フクイラプトルなどご当地感のある種類も用意。また、通販専用の6個箱購入者限定ページで恐竜のぬりえやARフレームで楽しめるように、ただ食べて終わりにしないようにコンテンツを充実させました。

勝山の恐竜博物館等、福井県が恐竜推しで進めているため、福井の新名物になってほしいとの想いを込めました。

結果

南条サービスエリア隣接の道の駅「南えちぜん山海里」、道の駅「恐竜渓谷かつやま」、恐竜博物館前売店の「スーベニアショップ ラプトル」での導入が決まり、既に先行して発売をしています。
※こちらはリアル店舗の販売のため、バラ売りや3個箱のみ

また、オンラインショッピングサイト限定の6個箱は、福井新聞社、福井銀行、福邦銀行、READYFORが連携するクラウドファンディングサービス「ミラカナ」で先行して実施しプロジェクト達成。

2021年12月15日に、恐竜好きが楽しめるようにコンテンツを充実させたオンラインショッピングサイトもオープンすることができました。

名古屋での催事も決まっており、引き続き催事の打診をいただいている状況ですので、姉妹ブランドの「永平寺だるまぷりん」とともに福井を代表するブランドになるよう、サポートを続けていきます。

ポイント

福井ならではの強みを活かしたプロダクトを、競合がいない所で開発できたことがポイントです。

また、新型コロナウイルス感染症による緊急事態宣言で、お土産屋とお食事所に頼らない新たな収益基盤を作ることを決めた、井上専務の決断力と行動力がこのような結果をもたらしたと考えています。

元々観光シーズンを除いた冬は収益基盤がなく、限られたシーズンで年間売上を構築している現状を打破したいと仰られていた中で、売上を補完するだけではなく、会社の未来を支える大きな柱を作ることができました。
地方の中小企業のみなさんに、勇気を与える事例です。

クレジット

CLIENT
永平寺門前 いのうえ
PRODUCER
豊西孝栄
DESIGNER
川上祥子・板垣登子
PLANNER
藤本大志
WEB DIRECTOR
小林永