「らしさ」を世界へ向けて発信する蒸溜所ブランド

三宅本店 様

SETOUCHI DISTILLERY ブランディングデザイン

SETOUCHI DISTILLERY ブランディングデザイン
酒蔵BREWERY
CLIENT三宅本店 https://setouchidistillery.com/ https://setouchidistillery.com/craftgin_setouchi/
PROJECTSETOUCHI DISTILLERY ブランディングデザイン
SERVICE ブランドコンサルティングブランドデザインパッケージデザインweb制作

「らしさ」を世界へ向けて発信する蒸溜所ブランド

提案の背景

三宅本店様は広島・呉の日本酒メーカーとして1856年の創業以来、「最高の旨さを求め続ける」というコンセプトのもと、日本のみならず海外へも展開している企業です。

2020年、風光明媚な瀬戸内の気候を生かした酒造りのノウハウをより幅広く展開していくために、新たにスピリッツ・ウイスキー事業に進出。
世界に通用するパッケージを開発したい、ということでお声がけをいただきました。

クラフトジンのデザインは、三宅本店様が課題に感じていたブランドデザインの考え方から、最終的に戦略・コンセプト・商品企画をすべて見直し、シュンビンからゼロベースでご提案させていただくことになりました。

提案内容

ブランドデザインにあたり、瀬戸内という土地、三宅本店様の魅力や歴史を徹底的に洗い出すところからスタートしました。

三宅本店様がある呉市は、瀬戸内海のほぼ中央部に位置した、特に温暖で豊かな環境と質の良い水に恵まれた土地です。
瀬戸内海に浮かぶ島と、海面に揺らぐ島の影。90度傾けた際に現れる雫の形による、広島発のジャパニーズクラフトジンとしての妥協のないクラフトマンシップ。それらのこだわりを凝縮し、ブランドロゴマークで表現しました。

2021年6月に発売された「クラフトジン瀬戸内」は、キーボタニカルであるレモンと瀬戸内の美しい海を象徴したオリジナルのグラデーションボトルをご提案。島々のイラストレーションや軽快なタイポグラフィ、堂々とした書が印象的なデザインです。

ジンのほかウイスキー・ニューポットのブランドデザインについてもチーフデザイナーが一貫してプロデュースすることで、世界観を強く持ったデザインを創り上げました。

結果

「クラフトジン瀬戸内」は一部店舗、直販のみで取り扱いを行い、現在は海外を含め徐々に販路拡大を行っています。

受賞面では「フェミナリーズ世界ワインコンクール2022」(金賞)、「日本タイポグラフィ年鑑2022」(入選)など、味・デザイン両面で多くの評価をいただきました。

ウイスキー事業は2022年3月に蒸溜所「SETOUCHI DISTILLERY」が満を持して竣工。
多くのメディアに取り上げられ、順調なスタートを切りました。

「SETOUCHI DISTILLERY」は3年後を目途にオリジナルのジャパニーズウイスキーを販売予定です。

ポイント

ブランドデザインの力について、三宅本店様がとても意識を高く持っておられたことが今回のポイントです。「クラフトジン瀬戸内」のパッケージデザインは味の調整と並行して進みました。
ご担当の三宅取締役は、国内外から厳選した100種類以上のジンをラインナップする「PUB and BAR PIC」様へ処方ができる度、何度も足を運んで味の調整を行いました。

その際、デザインの面からも世界のクラフトジンと比較し、世界基準のデザインへ向けた適切なアドバイスをいただきました。

また、パッケージだけではなくブランドトータルの世界観についても重視し、Webサイト、写真/動画撮影、ブランドリーフレット、3年後のウイスキーデザインまですべてをお任せいただきました。

三宅本店様のご理解のもと、デザイナーが細部に至るまでプロデュースさせていただくことで、一貫した世界感を持つ強度の高いデザインが生まれました。

クレジット

CLIENT
三宅本店
PRODUCER
豊西孝栄
DESIGNER
笠井永充
PLANNER
藤本大志
WEB DIRECTOR
小林永