神秘的なストーリーを深掘りし、「世界観」を楽しむデザインへ

河武醸造株式会社 様

式 – SHIKI – プロジェクトブランディング

式 – SHIKI –  プロジェクトブランディング
酒蔵BREWERY
CLIENT河武醸造株式会社 https://shiki-sake.com/ 
PROJECT式 – SHIKI – プロジェクトブランディング
SERVICE ブランドコンサルティングブランドデザインパッケージデザイン

神秘的なストーリーを深掘りし、「世界観」を楽しむデザインへ

提案の背景

「このままでは、淘汰され続ける業界の中で生き残れない」
そうご相談頂いたのは河武醸造様という老舗の酒蔵でした。2019年の秋頃でした。河武醸造様は、三重県のちょうど中部にある多気郡多気町という場所で、お伊勢さんのある観光地や、海沿いの工業地帯とも違い、郊外の自然豊かな環境で古くから地元のお客様に愛される酒造りを行ってきました。しかし人口減少、顧客の高齢化、日本酒離れで業界全体の販売量も低下しており、河武醸造様も次の一手を打ちたいが具体的な進め方がわからないまま不安に感じる日々を過ごしていたとのことです。
新しい顧客、新しいデザイン、新しい味…そういった色々な取り組みは続けていましたが、どこか場当たり的な、会社全体として確信の持てないままとなっている状況でした。

提案内容

よくわからないけど、自分で買ったことは無い。
日本酒に関する顧客の声を調べたり、意見を集めてみると、そんな声が大半でした。しかも、そのよくわからない顧客に対して、特定名称やら山廃やらと、専門用語満載のラベルや説明をしてしまっていました。

知ってもらいたい売り手と、よくわからない消費者の擦れ違いが起こっており、他社製品を見てもその根本はあまり変わらない印象を受けました。そこで、こだわりや専門性をデザインで強調するのではなく、顧客にどうやって受け入れて頂けるか?それも、河武醸造にしかない特徴を出しながら…ということを考え、議論をしていきました。
結果、生まれたのが「式 - SHIKI-」ブランドでした。伊勢神宮のある神秘的なストーリーだけではなく、違いやコンセプトもより親しみやすいよう、専門的な要素は極力省いた内容にしました。ターゲットについても、いわゆる若い女性や富裕層と言った、競合の激しそうな点から大きく外しました。日本酒を楽しむのではなく、手段として、日本古来の神秘的な世界観を感じ、楽しんで頂けるようなブランドのご提案となりました。

結果

「式 - SHIKI-」の発売後、まもなくコロナ禍が訪れましたが、業績は前年度を上回ったとお伺いしました。実際は、既存銘柄の売上が飲食店を中心に下落し、イベント需要も吹き飛びましたが、空いた時間を式ブランドの新規営業に費やすことができました。2022年6月時点の現在では、取り扱い店舗は数十社に増え、有名なホテルやミシュランに掲載されているような飲食店でも取り扱っていただいています。著名なインフルエンサーから、ご紹介したいというお声も頂くことになりました。

ポイント

最終的に販路開拓、顧客獲得といった活動はお客様の力によるところが大きいのが事実で、今回の成功はお客様の粘り強い努力のたまものです。
しかし、新しく事業を始めるにあたって、どの市場へ行くのか、付加価値を出すことが可能なのか、同業他社が消費者の選択肢となっている場合に、どの要素を差別化要因に選ぶのか?など、デザインとして表現する前に追及する点は様々です。当社も元々、衰退事業であった洗瓶事業から、オリジナル瓶、商品企画とデザイン、ブランドコンサルティングからイノベーションのクリエイティブに至るまで転換から変化を繰り返して現在に至ります。ブランディングは、そういった経験から生まれた戦略構築の手法であり、私たちもより多くの中小企業様に眠っている素晴らしい資産を、市場に認めて頂き成長の一つのきっかけになれればと考えています。

クレジット

CLIENT
河武醸造株式会社
PRODUCER
廣瀬 雅也
DESIGNER
笠井 永充
PLANNER
羽田 真琴