地域に笑顔を届けるがコンセプト。パートナーとして新しい価値を創るプロジェクト

京きさらぎ漬えんけい 様

京きさらぎ漬えんけい トータルリブランディング

京きさらぎ漬えんけい トータルリブランディング
食品 / 飲料FOOD / DRINK
CLIENT京きさらぎ漬えんけい https://kisaragiduke-enkei.jp/ 
PROJECT京きさらぎ漬えんけい トータルリブランディング
SERVICE ブランド戦略検討会ブランドデザインパッケージデザイン空間建築デザイン

地域に笑顔を届けるがコンセプト。パートナーとして新しい価値を創るプロジェクト

提案の背景

京きさらぎ漬えんけい様は、1950年創業の「京きさらぎ漬 丹波」からの暖簾分けで、1986年に高槻で開業された漬物屋です。屋号を「京きさらぎ漬 丹波 高槻」から、「京きさらぎ漬えんけい」に変えてリブランディングするにあたり、相談できる企業を探しておられたところ、弊社のお客様のご紹介でご縁をいただきました。

JR高槻駅前という好立地でありながらも、漬物屋という衰退産業ということもあり、近年は厳しい状況に立たされていました。

京きさらぎ漬えんけい様が、パートナー企業に求められていたのは、ただ依頼した通りにそのままカタチにすることではなく、一緒に方向性を考え、その上で提案ができること。そんな中、代表の中本様の「立て直したい」という強い想いを受け、リブランディングというプロジェクトをご一緒させていただくことになりました。

提案内容

京きさらぎ漬えんけい様の強みである漬物は、高級なお寿司屋さんでご提供されるほどの、野菜がおいしい鮮度のある浅漬です。自社菜園で作った野菜や市場で一番グレードが高い「秀番」の野菜を厳選して、自社工場で手間暇をかけて手作りで仕上げておられます。

そのような強みを踏まえたブランドコンセプトは「食卓で地域を笑顔に」。
ブランドロゴは四方に笑顔を届けるようなイメージで作成しました。

店舗デザインは、漬物の新鮮さと食材へのこだわりを見た目で感じられることを心掛けました。
商店街を歩いている新規のお客様に興味を持っていただくために、外観は黒を基調とした高級感と、手作り感のある木札のメニューを貼り付けることで、漬物の品格と手軽さの両面を融合させたイメージに。内観は、買いやすさ売りやすさを考えた動線を確保しながら、店員の温かい人柄が感じやすいように暖色で統一しました。

結果

「京きさらぎ漬えんけい」にリブランディングするにあたり、まずは事業計画とブランドコンセプトの作成から取り掛かりました。ブランドコンセプトの策定を経て、メニュー表、DM、包装紙、紙袋から、社運をかけた店舗改装まで、ブランドに関わる部分を一気通貫で任せていただき、店舗の細部に至るまで統一した世界観を実現することができました。

店舗改装期間中には、「このお店がなくなると生きていけない」というお声を常連の方から多数いただいたり、「どんなお店ができるんだろう」と話しかけられることが多かったと伺いました。

これらの声で、代表の中本様をはじめ、従業員の方も、本当にこれから変わっていくのだということと、新しく始めていくことを実感されたそうです。

ポイント

社運をかけて屋号を変えたリブランディングであるため、単なるロゴデザインのご提案をするのではなく、代表の中本様とブランドコンセプトの作成から足並みを揃え、一緒に考えてそれぞれのプロセスを積み上げていくことができたのが一番のポイントであったと思います。

ブランド構築の土台がしっかりしたことに加え、ブランドロゴだけではなく、パッケージデザインやメニュー表、最終的には店舗に至るまでの工程を全て任せていただいたことで、意図的に一貫性を持たせたデザインが展開できたことも大きいと考えます。

新しい屋号に変え、店舗リニューアルはできましたが、お客様にとってはこれからが本当のスタートとなります。
5年後、10年後に「あの時にリブランディングの決断をして実行したからこそ今がある」と言っていただけるように、引き続き、ご協力させていただく予定です。

クレジット

CLIENT
京きさらぎ漬えんけい
PRODUCER
豊西 孝栄
DESIGNER
松下 紀子
ARCHITECTURAL DESIGNER
槌野 磨
PLANNER
柗本 聡史
  -->