WORKS

京乃雪 リブランディング

ロングセラー和漢化粧品の新時代を拓くロゴデザイン

京乃雪 リブランディング

京都生まれの和漢化粧品「京乃雪」の再定義
株式会社一杢様は、和装の通販・卸や、和漢化粧品の販売を通じて、新しい和のスタイルを追求されているメーカー様です。
今年で20周年を迎える和漢化粧品「京乃雪」。27種類の和漢植物と京都の天然水でできた「京乃雪」は
これまで多くのお客様に支持されてきました。
昨今の自然派化粧品市場の成長によって、「京乃雪」ブランドの再定義を検討する中で、
ご相談いただいた当時は「京乃雪を今の時代にフィットしたデザインにしたい」とお考えでした。
私たちは、より深い洞察が必要だと捉えてブランド構築ワークショップを実施。ワークショップで決定された内容をもとに、
ブランドロゴデザイン、京乃雪のほぼ全ての商品デザイン、リーフレット、商品撮影をトータルでご提案させていただきました。
想いが詰め込まれたシンプルなデザインの追求
ブランド構築ワークショップでは「一人ひとりにやさしい京都の和漢化粧品」というブランドコンセプトを確立。
新たなブランドロゴには“シンプルでありながら、京乃雪らしさ、寄り添うような優しさを持った京都らしさ”を目指し、
複数のシンボルマークとロゴデザインを検証。どこまで簡素化できるかという課題を抱えながら
一杢様と認識を深く合わせていきました。その中で浮かび上がったのは、“可愛らしさ”も印象付けるブランドロゴデザイン。
京乃雪の店舗近くには、桜の名所として親しまれている世界遺産「元離宮二条城」があります。
世界中を魅了する日本らしさの象徴から着想を得て、美しい桜の花びらをロゴマークにあしらいました。
完成したロゴマークは、雪の粒とともに桜の花びらが、やさしく舞い降りる情景を表現。花びらと雪の粒は一輪の花のようにも見え、
京都ブランドであることや、国産和漢を使用した植物由来の化粧品であることを直感的に表現しています。
ブランドコンセプトを体現するため、店舗改装までサポート
2023年9月、27種類の和漢植物エキスに新たな和漢美容成分を加え、9年ぶりにリニューアル。
今回のブランド構築ワークショップを実施したことにより、ブランドの位置付けを再定義し、目指していた
“シンプルでありながら、京乃雪らしさ、寄り添うような優しさを持った京都らしさ”を具体化。
さらに奥に潜むイメージや、ほんの些細な感覚を引き出すように、デザイナーが一杢様の温かみある情緒的な部分を
ブランドロゴデザインへ落とし込みました。
ブランドデザイン全体の完成まで、細部にわたり一杢様の持つイメージと深く認識を合わせていき
忌憚なく意見交換いただけたことが、今回の大きなポイントです。

京乃雪リピーターのお客様からは「可愛いデザインになりましたね」と好評のお声をいただいており、
社長様からは「今回は自信があります」というお声をいただいています。
その後、店舗改装のご提案もさせていただき、2024年3月店舗リニューアルも予定。
今後もブランドが長く愛され続けるために、縦断的にサポートさせていただきます。
PRODUCER:
Shinsuke Kitamori
PLANNER:
Yume Tanigawa
DESIGNER:
Yoshiko Kawakami