PRESIDENT BLOG社長ブログ

2021.11.08

同気相求める

同気相求めるという言葉があります。意味は、気の合う者はおのずから親しくなり、寄り集まるというような意味で、類は友を呼ぶ的な意味と同じように使われています。これはこれで正しいのですが、私は、さらに深い意味があるんじゃないかと思っています。

それは、この気というものをどうとらえるか?なんですが、私は、気は人間の本質であり、それが自分の周囲のものを引き寄せているとみています。人間の心とか、身体は、人間の本質でなく、気を働かす場所です。気は本来真善美なんですが、心の働かせ方が悪いために、その気が悪い方にいったり、逆に気の活かし方がよければ、よくなったりします。

自分の周囲で、本当に偶然で縁としか考えられないという経験をしていませんか?人との出会いなんかもそうですよね。
それは偶然でなく気が引き寄せているのです。それからすると、自分の周囲に起こる現象も、自分の持っている気が影響していると考えると運命も自分がつくっているということになると思います。

『自分の周囲の現象は、すべて自分がつくっている。』私は、よく社員の方にも、それをお話しして、厳しい状況でいうものですから、傷つかれるということもあるようなのですが、これを自分の腹に落とせるかどうかで本当に人生が変わってくるので、どうしても伝えたいのでお伝えしています。また、その人は、乗り越えられるという、これも、その人の気から判断して話しています。誰にでも言っているわけではありません。

ですから、外部環境ではなく、常に自分の気を明るく正しいものにしておかないといけないのです。難しいことでなく、物事には必ずプラスとマイナスがありますから、常にプラスに受け取るという単純なことです。

しかし、人間は、感情があり、未熟なので、その通りにはなりません。つまり悪い気を呼んでいます。また、恐ろしいことに、この気は周囲の人の影響を受けます。愚痴などに同調した瞬間に運命が悪くなっています。自分の気の活かし方により、自分の運命が変わる。それを信じて、絶対積極を心がけたいと思います。