安心安全と心地よさの両立を生むインテリアコーディネート

株式会社クリア 様

癒し とよなか南(サービス付き高齢者向け住宅)ブランディング

癒し とよなか南(サービス付き高齢者向け住宅)ブランディング
その他OTHER
CLIENT株式会社クリア http://yours-clear.com/iyashi/ 
PROJECT癒し とよなか南(サービス付き高齢者向け住宅)ブランディング
SERVICE ブランドデザインweb制作空間建築デザイン

安心安全と心地よさの両立を生むインテリアコーディネート

提案の背景

株式会社クリア様は、福祉用具の販売・レンタルや居宅介護支援事業など介護事業を展開されている企業です。「人のお役に立ちたい」という原点を大切にしながらも、介護事業を単なる”慈善事業“として捉えるのではなく、介護のプロとしての自信と誇りを持ち、正当な利益を追求する。そうすることで、自社で働く人全員の意欲を向上させ、ひいては世のため人のためになることを理念とされています。

新しいサービス付き高齢者向け住宅を立ち上げるにあたり、どういう企業・事業であるべきかを根底から見直す「ブランド戦略検討会」を通して、新しい施設のブランド構築を行いました。そこから導き出されたのは「自分らしさを取り戻せる温もりのあるコミュニティー」を作りたいということ。シュンビンでは、ブランドロゴデザイン・Webページ構築、そして実際の施設の内装コーディネートをご提案させていただきました。

提案内容

まずは、ブランドを表すロゴデザインからのご提案となりました。ロゴのモチーフである積み木は、暮らしに合わせて自分らしく自由に合わせられる「癒し」のサービスを表し、カラフルな配色は居住者様の多様な個性や彩りのある暮らしを表現しています。同時に、「癒し」がサービス付き高齢者向け住宅だけにとどまらず、さまざまな価値を提供するという想いも込められています。

決定したロゴデザインをもとに、施設の玄関看板・リビングダイニング・談話室のディスプレイなどの内装コーディネートを担当。一般的に高齢者施設は安全性と価格を優先する傾向にあり、画一的な家具やディスプレイが主流となっています。しかし、居住者様もご家族も自分の好みに合う雰囲気や他とは違うお洒落さや高級感を求めていらっしゃいます。そういった点を鑑み、数多ある施設の中で選んでいただくポイントになるよう意識してデザインしました。

結果

施設の内装については、間仕切りなど造作したオリジナルの家具も取り入れ、居住者の方の安心安全を確保しながら、心地よい空間になるようトータルコーディネートさせていただきました。車椅子の使用なども想定した導線に配慮し、安らぎの時間を過ごしていただける雰囲気に仕上げています。

また、入居者募集のためのWebサイトも作成。Webサイトを見たお客様が、お申し込みから実際の入居後の生活までをイメージしやすくなるよう、温かさと誠実さを表現したデザインと構成面の両方からアプローチしました。
最終的に、オープンから40日足らずで満室となる良い結果を得ることができました。

ポイント

施設自体は、最初から決まった建物を使用し、リフォームをすることができないという制約がありましたが、その中で、居住者様に自分らしく楽しい暮らしを提供できる空間作りができたのは、ブランディングを通して決まったロゴとの親和性を大切にしたことがポイントだと考えます。

建築デザインは、ただ単にデザイン性の高さを追求するだけでなく、建物がそこで毎日過ごす人の生活に潤いを持たせる場所であることを意識することが大切です。施設を運営する人の想いと暮らす人の想いを深く理解すること。それが価値ある空間作りへと繋がっていきます。

クレジット

CLIENT
株式会社クリア
PRODUCER
豊西孝栄
DESIGNER
笠井永充
ARCHITECTURAL DESIGNER
槌野 磨
WEB DIRECTOR
小林 永
  -->